美味しさをいつまでも。お茶の保存方法

|【公式】抹茶スタンドMaiko ハワイ初上陸!本格京抹茶使用のスイーツ&ドリンク
閉じる
美味しさをいつまでも。お茶の保存方法

美味しさをいつまでも。お茶の保存方法

風味が落ちてしまったお茶やどうしても使い切れずに処分に困ってしまったお茶、いただきものだけれど、嗜好に合わなかったお茶など、普通にお茶として楽しむことに抵抗のある、お役ご免となった日本茶の活用法をご紹介します。

お茶はとってもデリケート

お茶はとってもデリケート

日本茶は乾燥しているので品質が安定していそうに見えて、
実は非常に変質しやすいのです。

味が落ちないように上手に保存する方法をご紹介します。
出来るだけ2週間から1ヶ月で飲みきる量を購入しましょう。

家庭でのおいしいお茶の保存方法

●未開封の場合は冷蔵庫か冷凍庫で保存

頂き物が重なったときなど、どうしても長期保存しなければならない場合は、未開封の場合のみ冷蔵庫か冷凍庫で保存しましょう。
冷蔵庫から出したお茶は常温に戻してから開封しましょう。
温度差で発生した水滴を茶葉が吸収してしまい、茶葉の色や香りなどが変質してしまいます。

●開封後は密閉性・遮光性のある容器に移して冷暗所で保存

冷暗所といっても冷蔵庫で保存してはいけません。
日光の当たらない涼しい場所で常温保存が最適です。
冷蔵庫は庫内の食べ物の臭いを茶葉が吸着してしまい、せっかくの香りが台無しになってしまいます。また、冷蔵庫から出したときに外気に触れると気温差で露が発生して湿気を吸ってしまい、品質が落ちてしまいます。

お茶が古くなったときには

自家製のほうじ茶にするのがおすすめ。

どうしても飲みきることが出来ず、風味が落ちてしまったお茶は自家製のほうじ茶にするのがおすすめ。
フライパンに紙を敷いて茶葉を置き、弱火でゆっくり炒る、もしくは電子レンジで温めると香ばしい香りが楽しめます。
茶葉をお茶パックなどに入れて、下駄箱などに置くと、緑茶の脱臭効果がきいて、イヤな臭いを吸着してくれます。

TOP