美味しい冷茶の作り方

|【公式】抹茶スタンドMaiko ハワイ初上陸!本格京抹茶使用のスイーツ&ドリンク
閉じる
美味しい冷茶の作り方

美味しい冷茶の作り方

暑い季節においしい冷茶。
渋味が抑えられ、うま味を最大限に引き出すことが出来る秘密は、低温でじっくり抽出したお茶を氷急速冷却すること。
茶葉を使った本格的な日本茶の冷茶から、ちょっとカジュアルなお茶まで、冷茶ならではの美味しい作り方をご紹介します。

茶葉を使って本格的に

茶葉を使って本格的に

玉露や上級煎茶などうま味成分を豊富に含むお茶や、深蒸し煎茶のように茶葉が細かく、濃く抽出出来るものが冷茶に向いています。

1.茶葉を入れます。
急須に1人あたり5g、ティースプーン2杯半ほどの茶葉を入れます。
2.お湯を注いで抽出します。
60℃ほどに冷ましたお湯を急須に注ぎ、約2分間待ち、濃いめに抽出。
3.氷を入れたグラスに注ぎます。
すぐに出来、目にも涼しげなので突然の来客にもおすすめです。
氷を入れた急冷ポットやマイボトルに入れて持ち歩くのもいいですね。

カジュアルに抹茶を楽しむ

カジュアルに抹茶を楽しむ

パッキンのついたしっかりふたが閉まるマグボトルで作る抹茶の冷茶です。
わびさびを感じるかしこまったイメージのある抹茶ですが、気軽に持ち出せる新感覚の楽しみ方はいかがでしょうか。

1.抹茶をふるいます。
先に抹茶をふるいにかけておくとダマが出来にくく、クリーミーなおいしさを楽しむことが出来ます。
2.マグボトルに抹茶を作ります。
熱湯150mlと水50mlをマグボトルに入れ、抹茶をスプーン山盛り1杯ほど加えます。 熱湯だけだとステンレスボトルから蒸気が飛び出す恐れがあるので、必ず冷ましたお湯を使いましょう。
3.シェイクします。
熱湯150mlと水50mlをマグボトルに入れ、抹茶をスプーン山盛り1杯ほど加えます。 熱湯だけだとステンレスボトルから蒸気が飛び出す恐れがあるので、必ず冷ましたお湯を使いましょう。
4.冷やします。
氷をふたが閉まるくらいまでいっぱいに入れます。
再びふたをしっかり閉めて、シェイクしたら出来上がりです。
TOP