お茶に適した水の選び方

|【公式】抹茶スタンドMaiko ハワイ初上陸!本格京抹茶使用のスイーツ&ドリンク
閉じる
お茶に適した水の選び方

お茶に適した水の選び方

おいしい日本茶を飲むためには水選びが鍵を握ります。
せっかく選んだおいしいお茶。水が違えばお茶の味も変わってきますので、そのお茶に適したおいしい水で飲みましょう。

お茶に適した水

お茶に適した水

バランスの良いミネラル、炭酸ガス、酸素を含みながら、
鉄やマンガンの他、有機物の少ない水が日本茶には合います。

日本茶は水の中に含まれているマグネシウムイオン、カルシウムイオンなどの含有量を示す「硬度」が100mg/L以下の軟水で淹れると良いと言われています。
日本茶に理想的な軟水の硬度は30〜80mg/Lくらいと言われ、日本の水道水もこの中に入っています。しかしカルキ抜きが必要なので、こだわり派の方には日本のミネラルウォーターがおすすめ。
また、phの数値も日本茶に適しているのは7〜8と言われています。ph8を越すとお茶を淹れた時の水色が濃い緑色に、ph6.5以下になると薄くなります。
ミネラルウォーターで日本茶を淹れる場合には、表示の硬度とphの数値に気をつけて下さいね。

カルキ臭抜きの方法

カルキ臭抜きの方法

地域によっては水道水のカルキ臭が強いところがあり、
せっかくのお茶の香りが台無しになってしまいます。

活性炭入りの浄水器を使うと簡単ですし、4〜5時間くみ置きしておいてもカルキ臭は抜けますが、さらに気になるときはお湯を沸かす際にやかんのふたを取って3分程度沸騰させてから適温に冷まして使うのがおすすめです。
お湯を沸かすやかんの材質によっても差が見られ、アルマイトやステンレス製のよく使い込んである物でも十分ですが、やはり鉄瓶が一番。
どうしても抜けにくい場合は、緑茶の粉をひとつかみ入れたり、レモン汁を1滴たらしたりという方法もあります。

TOP