玉緑茶・釜伸び茶・釜炒り玉緑茶

|【公式】抹茶スタンドMaiko ハワイ初上陸!本格京抹茶使用のスイーツ&ドリンク
閉じる
玉緑茶・釜伸び茶・釜炒り玉緑茶

玉緑茶・釜伸び茶・釜炒り玉緑茶

一般的な煎茶などの蒸し製緑茶から釜入り緑茶など色々な種類のある日本茶。
玉緑茶や釜伸び茶などの種類のお茶をご紹介します。

玉緑茶(たまりょくちゃ)

玉緑茶(たまりょくちゃ)

佐賀県の嬉野茶などに代表される日本茶の種類で、
主に九州の北部や中部で作られているお茶です。

渋みが少ないまろやかな味で、ぐりっと丸まった形状の茶葉が特徴。
煎茶と同様に作りますが、「ムシぐり」「ぐり茶」と呼ばれることもあるその形状は、水分を除きながら揉みほぐして形成する精揉の工程がなく、回転するドラムに茶葉を入れ熱風で茶葉を乾燥させるために出来るものです。

釜伸び茶(かまのびちゃ)

釜伸び茶(かまのびちゃ)

茶葉がまっすぐピンと伸びていることから名付けられた
緑茶の一種です。

日本茶の主流である生茶葉を蒸す蒸し製手法ではなく、釜で炒る釜炒製の手法で加工されたお茶の種類で、高温の釜で炒った後は精揉機で茶葉を細くよれた状態に整えて製造します。実は熟練の技術が必要な手間の掛かった、蒸し茶より歴史のある製法です。
芳ばしい香りが特徴的なお茶なので、口が大きめの急須に注ぐとより香りを楽しむことが出来ます。お茶本来の旨みを堪能して下さい。

釜炒り玉緑茶(かまいりたまりょくちゃ)

釜炒り玉緑茶(かまいりたまりょくちゃ)

釜伸び茶と同じく生茶葉を釜で炒って熱処理したお茶の種類です。

高温の釜で炒るだけでなく、玉緑茶と同様に回転するドラムに茶葉を入れて熱風で乾燥させ、精揉の工程もないのでぐりっと丸まった形状の仕上がり。
釜で炒ること、ぐりっとした形状から「カマグリ」とも呼ばれています。

TOP