玉露・かぶせ茶

|【公式】抹茶スタンドMaiko ハワイ初上陸!本格京抹茶使用のスイーツ&ドリンク
閉じる
玉露・かぶせ茶

玉露・かぶせ茶

紅茶や中国のお茶と違って鮮やかな緑を残す「不発酵茶」である日本茶。
数ある日本茶の種類の中でも高級とされる玉露茶、玉露と似た行程で製造されるかぶせ茶。そのおいしさの秘密をご紹介します。

玉露(ぎょくろ)

玉露(ぎょくろ)

日本茶の旨みがぎゅっと濃縮された、味わい深いお茶「玉露」

新芽が2、3枚開き始めた頃、茶園をよしず棚やワラで太陽の光を遮る「覆い下栽培(被覆栽培)」で、約20日間育てられたお茶が「玉露」になります。
光を制限して新芽を育成することで、テアニンといわれる旨み成分のアミノ酸が苦み成分のカテキンへの変化することを抑えることで濃厚な旨みの味わい深いお茶になるのです。
覆い下栽培による茶葉でしか出ない「覆い香(おおいか)」も玉露のおいしさの特徴。日本茶の旨みをぎゅっと濃縮させた贅沢の極みです。

かぶせ茶(かぶせちゃ)

かぶせ茶(かぶせちゃ)

熱湯でも美味しく淹れることができる「かぶせ茶(冠茶)」

玉露と同じく覆い下栽培で育てられる「かぶせ茶(冠茶)」。
玉露が覆われている期間の約半分、1週間から十日ほど太陽の光を遮り、摘み取った後は玉露と同じく煎茶の行程で加工されます。渋みが少なく、玉露と煎茶の中間のような旨みと爽やかさがあり、独特の「覆い香」も感じられるおいしいお茶です。おいしくいれるお湯の温度に気をつけなければならない玉露と違い、熱湯でも美味しく淹れることが出来ます。

TOP