コナコーヒーについて

|【公式】抹茶スタンドMaiko ハワイ初上陸!本格京抹茶使用のスイーツ&ドリンク
閉じる
コナコーヒーについて

コナコーヒーについて

日本の伝統的な味覚である抹茶と、ハワイの名産品であるコナコーヒー。程よい苦みが魅力の抹茶と、柔らかな酸味のコナコーヒーは相性抜群です。お土産品としても大変な人気で、コーヒーの好きな方にプレゼントすると大変喜ばれます。ここでは、コナコーヒーの魅力をお伝えします。当店の人気メニューである抹茶ソフトと一緒にお楽しみください。

コナコーヒーとは

ハワイ島の西部にあるコナ地区で生産されているアラビア種のコーヒーです。タンザニアのキリマンジャロ、ジャマイカのブルーマウンテンと並んで、世界三大高級コーヒーのひとつと言われています。
苦みは少なめ、柔らかな酸味があり、すっきりした味わいでほんのりと甘い香りが漂います。
生産量が少なく、年間1,000~1,500トン程度。世界のコーヒー生産量の約1%にも満たないため、希少価値もあります。
アメリカ国内でコーヒーを生産しているのはハワイ州だけ。ホワイトハウスで開かれる晩餐会には、必ずコナコーヒーが振る舞われます。

コーヒーの栽培に適しているコナ地区

コナ地区でコーヒーが栽培されているのは、長さ30km 幅3km余りの小さな範囲。ハワイの火山灰が作り出した弱酸性の肥沃な土壌に、昼と夜の寒暖差、理想的な日照時間と、美味しいコーヒーを栽培できる条件が整っています。

品質を重要視するコナコーヒー

コーヒー豆は大きいほど完熟度が増していて味が良いとされています。幻のコナコーヒーと言われる「ピーベリー」は最高級のランク。以下は、豆の大きい順に「エクストラファンシー」「ファンシー」「No.1」と格付けされます。また、大きさに関係なく欠点豆の割合で「セレクト」「プライム」という格付けもあります。この「プライム」までがコナコーヒーという名称を付けることが許されています。これらより下の階級の豆は「ハワイアンコーヒー」という名称になります。
コナコーヒーが10%以上含まれているものは「コナブレンドコーヒー」として販売されています。純粋なコナコーヒーを購入したい場合は「100% Kona Coffee」と記載のあるものを選びましょう。

多くのコーヒー農家が存在する

コナ地区ではコーヒーの栽培が人々の生活に密着しています。大規模な農園から小規模な家族経営農場まで、多くのコーヒー農家が軒を連ねており、街中からコーヒーの良い香りが漂っています。
カフェや博物館もあり、カフェでは焙煎した豆の状態で保存しておいたものを、顧客から注文を受けてから挽いて提供してくれます。

コーヒー農家の努力

収穫期には何度も花を咲かせるため、1本の木には早熟豆と完熟豆が混ざっています。熟練した農家の人々は、完全に熟した豆だけを丁寧に手で摘み取っています。また現地ハワイの気候の中で焙煎まで行って、航空便で空輸しています。その際も豆が酸素に極力触れないようにガス抜きのためのバルブが付いている特殊な袋を使用しています。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

TOP